日記 ~主にゲーム関連の感想~

タイトルにあるように主にゲーム関連の感想などを書いていきます。Twitterもやってます。kyo135





かなりおもしろい。





とは言いつつも、予約していたシュタインズ・ゲート0を発売日当日に取りに行ったのにもかかわらず、休みがうまいことかみ合わずにいるため、中々まとまった時間をとってプレイできずにいるのですが。



今日は一日フリーなので思う存分進める予定。ちなみに今は2周目入っています。





以下感想。当然ながらネタバレ注意で。




















今作はβ世界線、つまり牧瀬紅莉栖を救うことを諦めた世界線ということで、岡部は鳳凰院モードを封印、全体的にやや暗めの世界観の話になっているように感じます。


ラボには寄り付かなくなったものの、ダルやるか子、フェイリスとの付き合いはその後も残っているのが救いか。














とまぁ、そんなこんなで日々をすごしていたわけですが、些細なきっかけで紅莉栖の生前の記憶を基に作られたAmadeusのテスターになった岡部。






今回まだ攻略情報がそれほど出回っていないため、自分の思うままに進めていたのですが、気がつくとAmadeusにばっか意識が向いてしまっていましたね。


だってシュタゲのキャラで紅莉栖が一番好きなんだもの。


そのせいで、1周目はえらい目に遇うことになるのですが。






1周目の段階で新キャラは一通り見たのですが、1周目途中までの段階の各新キャラの印象としては、


◆比屋定真帆
 成人してるとは思えない見た目。でも中身は紅莉栖と似てるところがちらほら。レスキネンとAmadeus紅莉栖にからかわれているところがかわいい。

◆レスキネン教授
 キーパーソン?いい人っぽいんだけどこういうタイプが一番胡散臭いからなぁ。でもこいつがもし悪者だったらSG世界線の紅莉栖も割と危うい立ち位置になっちゃう可能性が出てくるからいい人であってほしい。

◆阿万音由季
 β世界線では割とキーパーソンになるのかな?何度見てもこんなかわいい子がダルとくっつくなんて…と思ってしまう。

◆中瀬克美 来嶋かえで
 まゆりのコス友達。克美は今作で割と重要になるっぽい?











こんな感じでした。まぁ1周目終わった段階でイメージかなり変わったやついるのですが。







こんにちは。



前あったブログのパスワードとID両方紛失してしまったのと、ブログ自体の更新が1年近くなかったということで新しくブログを作り直すことにしました。






新しく作ったこのブログでは、基本的にゲーム関連のこと(感想やプレイ日記など)を書いていこうかと思っています。




Twitterの方もやっておりますので気になったという方はフォローしていただけると嬉しいです。名前はkyo135です。




ではでは。

↑このページのトップヘ